診察
時間
09:00~
13:00
14:00~
17:00

※木曜・日曜日と祝日は休診です。

tel_icon 026-214-2277
©DENTAL CLINIC OASIS
2023.11.01
オアログ

自宅で虫歯を見つける方法

こんにちは、デンタルクリニックオアシスの歯科衛生士春日です。いつもオアシスのブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

今日は毎日の口腔ケアをしっかりと行っていても、見落としがちな虫歯の早期発見についてお話ししましょう。今日のテーマは「セルフチェック:自宅で虫歯を見つける方法」です。

IMG_7897.jpeg

まず、大切なことは、これらのチェック方法は専門的な診断を代替するものではないということです。症状が見つかった場合や不安がある場合は、必ず専門の歯科医師に相談してください。しかし、自宅で行う簡単なチェックが虫歯の早期発見につながることもあります。

それでは、具体的な方法について見ていきましょう。

歯の色の変化を観察する: まずは鏡で歯の色を観察します。白い斑点や黒ずんでいる箇所がある場合、これらは虫歯の初期症状である可能性があります。歯の間や銀歯の際などは要注意です。上顎の臼歯部などを観察する時は、アマゾンなどで手に入るLEDライト付きデンタルミラーが便利です。
飲食時の痛みや感覚の変化に注意する: 特定の歯が冷たい飲み物や甘い食べ物に反応する場合、それは虫歯が進行している可能性があります。しみている時に一本ずつ歯を爪でコンコン叩き、どの歯がしみているのかを確認し、ミラーで観察することがおすすめです。
ブラッシング時の感覚を確認する: 歯磨きをしたときに、特定の部分が痛む、あるいは出血することがあれば、それは虫歯や歯周病のサインかもしれません。
フロスや歯間ブラシを使用する: フロスや歯間ブラシを使用して、歯間の清掃を行います。特に食べ物の残りかすが多い場合、それは虫歯のリスクが高まっていることを示している可能性があります。特定の場所に食べた物がよく挟まるようになった時は隣接面(歯と歯の間)に虫歯ができている可能性があります。そんな場所は歯肉も炎症を起こしやすい為、出血しやすくなります。
口臭を確認する: 常に口臭がする場合、それは口内環境が悪化していることを示しており、虫歯の進行に繋がる可能性があります。

これらのチェックは毎日のケアの一部として取り入れることで、虫歯の早期発見に繋がるでしょう。しかし、定期的な歯科検診が重要であることは忘れないでください。自宅でのセルフチェックと定期検診を組み合わせることで、虫歯の進行を未然に防ぎ、健康な口腔環境を維持することが可能です。

今回の情報が皆さまの口腔ケアにお役立ていただければ幸いです。お口の健康は全身の健康に直結しています。一人ひとりが自分の口の健康を大切にすることで、より健やかな生活が送れることを願っています。
そしてオアシスの歯科衛生士は皆様の口腔ケアをサポートします。虫歯や歯周病が気になる方は、是非オアシスまでご相談くださいね。

一覧へ戻る