診察
時間
09:00~
13:00
14:00~
17:00

※木曜・日曜日と祝日は休診です。

tel_icon 026-214-2277
©DENTAL CLINIC OASIS
2023.10.29
オアログ

妊娠と虫歯:マタニティ歯科のポイント

オアシスのブログをご覧の皆様、こんにちは。歯科衛生士の今井です。

IMG_7908.jpeg

妊娠中の女性は、体の変化や新しい生命を迎える喜び、様々な感情が交錯する時期となります。しかし、この期間中に口腔の健康にも特別な注意が必要となること、ご存知でしょうか。今回は、妊娠と虫歯の関係、そして妊娠中の口腔ケアの重要性についてお伝えします。

1. 妊娠とホルモンの変動
妊娠中はエストロゲンやプロゲステロンといったホルモンの分泌が増加します。これにより、歯茎が腫れやすくなったり、出血しやすくなることがあります。この状態が持続すると、歯周病のリスクも高まります。

2. 妊娠中の食生活
妊婦さんはしばしば食事回数が増える傾向があります。そして、しばしば糖分を多く含む食べ物や飲み物に引かれることも。しかし、頻繁な食事は口腔内の細菌が糖分を酸に変えるチャンスを増やし、これが虫歯の原因となります。

3. マタニティ歯科ケアの重要性
妊娠中の口腔の健康は、母体だけでなく、胎児にも影響を及ぼす可能性があります。例えば、重度の歯周病は早産のリスクを増加させるとも言われています。妊娠中は、通常よりも歯医者さんへの定期的な訪問を心がけることで、未然に問題を防ぐことができます。

4. 妊婦さんのための口腔ケアのポイント
- 定期的な歯は歯科医院の受診: 妊娠中は特に、定期検診を欠かさずに受けることがおすすめです。
  
- 適切な歯磨き: 一日2回、フッ素入りの歯磨き粉を使用して、しっかりと歯磨きをしましょう。

- バランスの良い食事: 糖分の取り過ぎ(頻回な摂取)に注意し、バランスの良い食事を意識することで、口腔内の健康もサポートできます。

終わりに
妊娠は女性の体に多くの変化をもたらしますが、その中でも口腔の健康には特別な注意が必要です。デンタルクリニックオアシスでは、妊婦さん向けのマタニティ歯科ケアを提供しています。妊娠中の口腔の健康に関する悩みや疑問、気になる点があれば、お気軽にご相談ください。

一覧へ戻る